FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーティスト えいが感想

すごい久しぶりにえいが(プリキュア以外)を見に行ったー


ーーーーーーーーーーーーーーーーー(キリトリ)ーーーーーーーーーーーーーーーーー

サイレントからトーキーへと移行しようとしている1920年代のハリウッドを舞台に
過去の栄光に固執することで落ちぶれていく主人公ジョージと
彼のアドバイスによってスターへの階段をかけあがっていく新人女優ぺピーの
ドラマをモノクロ映像&サイレントのスタイルで描きだす。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(キリトリ)ーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしがサイレント映画すきなせいかよかったー面白かったです。

主人公は最高期も落ちぶれてく時も結構な駄目男で、通してクズいんだけど
何故だかキュンとするとこがあって愛しく思えるのがすごくよかったです。

何だろう顔?とかスター的振る舞いとか滲み出る自信や
悪い意味でもいい意味でもピュアなのがすきなのかも知れん。
滑稽MOEなのか‥

そんな主人公を支える犬とジジイ執事が可愛くて、後半の落ちぶれシーンは
ふたり(匹?)がいないとみてられないぐらい悲壮だったんですけど
和み癒されました。

ヒロインに関しては純愛というよりオークション部屋の扉を開けるBGMとか怖過ぎて
薄々勘付いてたけど「やだ‥ストーカー‥」っぽくて笑いました。
映画見るまでは健気で儚い感じかと思っていたのでいい意味で裏切られた(^v^)

所々昔の映画をパロったシーンがあったっぽかったけど、あんまり詳しくないので
分かんなかったけど話の大筋はライムライトっぽかったです。
あとフィルムが記憶装置として描かれるのは無条件で泣ける‥

もうちょっとヒロインとのロマンチックなシーンがあればよかったなー
と思いました。

劇中でサイレントが退屈で見る者の感情に頼り切ってるっていうとこがあるんだけど
そこがそのまますきなとこだなあと思いました。
多分妄想力のたくましい人はそこが楽しいよねしかし退屈なのは同意。
初めて見た時は寝てしまったもの‥トーキーはトーキーですきです。

でもこれがアカデミー獲るってのはびっくりというか、そんな基準知らないけど
こういうのを選んじゃうの‥って思いました好きだけど。ハードル上がりそうだなあと。
犬にあげちゃうのはすごくわかる!けども!
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

「ぐすく」でも「あらぐすく」でも!

Author:「ぐすく」でも「あらぐすく」でも!
色々頑張り中

sidetitleついったsidetitle
sidetitleカウンタsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle参加中sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。