FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタクを卒業というシステムとか存在すんの

おはようございます。
今日も朝からスプラトゥーンをやっています。

ところで、最近ネットとかリアルで結婚したり親になったら
オタクとかゲームとかやめるべきだとか控えるべきだとかいうのが
論じられてるのを見て、わたしも少なからずその様に言われることもあるのですが
周りの人をみるとわたしより言われてるのでそんなの犠牲過ぎない??
って思ってしまった。

わたしも一応はこどもが出来たら今のような生活
(深夜までゲームをして明け方寝る、適当な食生活をしながらパソコン)は
出来ないんだろうな…と思ってたけど大人としてもよくない生活だったので関係なかった。

でも確かに制約が自分以外のところで発生するからフットワークは重くなるし
ひとりで暮らしているんじゃないから金銭についても家族で相談したり
勝手なことをし過ぎるのもよくないと思うけど許す限りは好きなことをやらせてくれや~!
って思ってしまう。だって日々の癒しというか活力というか生きるために必要なんだよな~

先にあるオタク的楽しみがどれだけ毎日の支えになっているのか
大人になって本当によくわかるようになりました。
でも若い時もそうだったからオタクはみんなそうなんじゃないかな。
オタク趣味によって生かされている。

思えば娘が生まれたとき「もう暫くオタクはお休みだな」って思ったけど
寝かしつけの合間にBL読んでたしこどもと一緒にプリキュアにはまって
おもちゃを買ったり映画に行ったりしてたり絵を描いたりしてたし

息子が生まれてからは特撮にはまりおもちゃを買ったり映画に行ったり
フィギュアを買ったりヒーローショーに嬉々として行ったりしているから
制約があっても制約内で結局オタクするようになるんですね。

あんまり制限ばっかりされてる親を見て「お前のために我慢してるんやぞ」
ってなってるって思われてもよくないしな(という保身)

勿論結婚しててもしてなくてもこどもがいてもいなくても大人になったら
制約に縛られることも多いからこそ楽しみがないと人生やってらんないじゃん…

今年はまたライブにも行きたいな~映画は結構行けるようになったんだけど
ライブの県外はさすがに行けないので県内でやって欲しい…

一応気になったので娘に「わたしは色々こどものために我慢を強いられてそうに見える?」
って聞いたら「全然。めっちゃ日々楽しそうに生きてる」って言われたあっそう…(完)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

「ぐすく」でも「あらぐすく」でも!

Author:「ぐすく」でも「あらぐすく」でも!
色々頑張り中

sidetitleついったsidetitle
sidetitleカウンタsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle参加中sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。